田中真美子さんの経歴や学歴は?現在はアメリカにいる?何をしている?結婚は?

田中真美子 経歴

2023年に引退した元バスケットボール選手の田中真美子さん。

ハーフのような顔立ちで、モデル顔負けのスタイルでおまけに美人な彼女は、一部の報道によると、MLBで活躍する大谷翔平の奥様ではないかと噂されています

この記事では、田中真美子さんの経歴や学歴、現在何をしているかなど詳しく解説していきたいと思います。

※大谷翔平選手が、ご自身のInstagramで奥さんとの写真を公開し、所属のロサンゼルス・ドジャースもお相手が田中真美子さんであると発表しましたので、「【確定】大谷翔平選手の奥さんは田中真美子さん」を追記しました。(2024/3/15)

【関連記事】
【画像】田中真美子の結婚指輪のブランドはどこ?値段は?デザインから検証!
大谷翔平選手と田中真美子さんの馴れ初めは?2人が出会った練習施設はどこ?
田中真美子さんは4人家族で2人兄妹!兄はラグビー選手でアパレルブランドの社長!
大谷翔平が田中真美子にプレゼントしたシューズはどこで買える?NBでお揃いスニーカー
元バスケの田中真美子がハーフは本当か?その理由は?両親は日本人で国籍や出身地は?
大谷翔平と田中真美子が似ている!母親ともそっくり!画像で共通点を検証!

【確定】大谷翔平選手の奥さんは田中真美子さん

2024年3月15日に、大谷翔平選手が自身のInstagramで奥さんとの2ショット写真を公開しました。

またロサンゼルス・ドジャースも正式に大谷翔平選手の奥さんが元バスケットボール選手の田中真美子さんであると発表しました。

米大リーグ、ドジャースの大谷翔平選手(29)の妻は元バスケットボール選手の田中真美子さん(27)であると球団が認めたと、米CNNテレビ(電子版)が15日に報じた。田中さんは東京都出身で、Wリーグの富士通で活躍。昨年、現役を引退した。
引用:時事通信ニュース

それにしてもお似合いの2ショット写真ですね!!

大谷翔平選手、田中真美子さん、ご結婚おめでとうございます!

田中真美子さんのプロフィール

田中真美子画像引用元:富士通レッドウェーブ公式サイト

  • 田中真美子(たなか まみこ)
  • 生年月日:1996年12月11日
  • 年齢:27歳(2024年3月現在)
  • 出身地:東京都
  • 身長:180cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:0型
  • ニックネーム:マナ

田中真美子さんはバスケットのプロリーグでも活躍した元バスケットボールの選手です。

バスケットの実力もさることながら、身長180cmの長身でスタイル抜群、モデル顔負けの美しい外見で人気の選手でした。

ニックネームの「マナ」は名前の「真美子」の“マ”と苗字の「田中」の“タ”から取って付けられてもので、コートネームとして呼ばれていました。

ちなみに、コートネームとは先輩が後輩につけるニックネームで、その名前で呼び合うのが通例だそうです。

プロバスケットボール選手時代はセンターのポジションでチームの中核として活躍していました。

田中真美子さんの経歴(学歴)

田中真美子さんはユニバーシアードに2度日本代表として選ばれています

ユニバーシアードとは“学生のためのオリンピック”と言われる国際的な競技大会で、2017年大会では50年ぶりの銀メダル獲得に貢献しています。

大学卒業後は富士通レッドウェーブに所属し、バスケットのプロリーグで活躍、日本代表候補に選ばれた事もありました。

2023年に現役を引退し、現在に至ります。

  • 2012年:日野市立日野第一中学校卒業
  • 2014年:アジアカップ代表
  • 2015年:東京成徳大学高校卒業
  • 2017年:ユニバーシアード日本代表(銀メダル獲得)
  • 2019年:ユニバーシアード日本代表
  • 2019年:早稲田大学卒業
  • 2019年:富士通レッドウェーブ入団
  • 2021年:日本代表候補に選出
  • 2023年:現役引退

小学生時代

元プロバスケットボール選手の田中真美子さんですが、バスケットを始めたのは中学生からです。

小学生の頃は、空手をやっていたどうです。

2歳年上のお兄さんがバスケットボール部に所属していた影響を受け、バスケットボールを始めたようですね。

田中選手がバスケットを始めたのは中学生から。小学生の頃は空手をやっていましたが、中学では球技系の部活動に入りたい。2つ上のお兄さんがバスケット部だったこともあって、田中選手はバスケット部の門を叩きました。

引用:富士通レッドウェーブ公式note

中学生時代

中学生になってからバスケットボールを始めた田中真美子さん。

田中真美子さんが入学した日野市立日野第一中学校にはソフトテニス部とバスケットボール部しかなかったそうで、お兄さんの影響も受けバスケの道を選びました。

当然、日立市立日野第一中学校はバスケットボールの強豪校ではなく、チームの目標は「市大会優勝」

中学生の田中真美子さんは楽しくバスケットボールをプレーしていたそうです。

しかし、田中真美子さんは中学生の3年間で身長はどんどん伸び、中学3年生の時の身長は177cmだったそうです。中学生の女子で177cmはすごい高いですね!!

田中真美子さんの身長の伸びと比例するかのように、チームの成績も上がり、「都大会ベスト16」まで勝ち進むチームとなります

当時の顧問顧問だった先生の熱心な指導のもとで、田中真美子さんはメキメキと実力をつけていたようです。

「中学のときの先生の指導が私の一番の根本にあるのかなという気がします。バスケットのことを何も知らない私を親身になって育ててくれて、バスケットの楽しさを知れたことが一番大きかったかなと思っています。結果は出ませんでしたが、本当にバスケットを楽しくやれた気がします」

引用:富士通レッドウェーブ公式note

高校生時代

田中真美子画像引用元:高校生新聞社

中学校はバスケットボールとしては無名校に通っていましたが、高校は多くのプロバスケットボール選手、日本代表選手を排出ている、高校女子バスケットボール界の名門校「東京成徳大学高校」へ進学ます。

毎朝5時半頃の電車に乗り朝練に励み、夜の練習を終えて家に帰宅するのは21時を過ぎていたそうです。

休日も同様に朝早くから1日練習に励み、田中真美子さんの青春時代はバスケットボールに明け暮れるものだったようです。

目標としていた日本一にはなれませんでしたが、田中真美子さんのバスケットボール選手としての原点は高校3年間での日々の厳しい練習ではないかと思われます。

「あの苦しい日々を乗り越えたチームメイトに出会ったことが財産です。本当に厳しい3年間でしたが、みんながいたから乗り越えられました。みんなのおかげで、大学に行けたっていう気持ちのほうが強いんです」

引用:富士通レッドウェーブ公式note

大学生時代

田中真美子画像引用元:SPORTS BULL

大学は名門の早稲田大学に進学しています。学部については調べてみましたが情報が公開されていませんでした。

田中真美子さんは、大学時代を振り返り、自主性や自分たちで考え実行する力が身に着いたとは話されています。

「高校時代は、どちらかというと、バスケットをやらされている感覚だったんです。でも早稲田大では自分たちでやることが多くて、自主性というか、自分たちで考える力や実行する力が身に付いたと思っています」

引用:富士通レッドウェーブ公式note

厳しい高校生活の中でバスケットボールの土台をしっかり作り、大学生活4年間でバスケットボール選手としても人間としても成長できたことを実感されているようですね。

また早稲田大学3年生の時にはユニバーシアード日本代表に選ばれ、銀メダルを獲得するなどバスケットボール選手としての地位を確立していきます。

ちなみに、田中真美子さんが早稲田大学進学を選んだ理由は「家から近かったから」だそうです!

プロバスケットボール選手は高校卒業後に実業団に入る選手が多いのですが、大学進学という道を選んだ田中真美子さん。

早稲田大学の偏差値は「62~70」ですから、学業の方も優秀だったんでしょうね。バスケットボール漬けの毎日だった高校3年間でしたが、しっかりと文武両道ができたいたんですね!

富士通レッドウェーブ時代

田中真美子画像引用元:BASKETBALLKING

早稲田大学を2019年に卒業した田中真美子さんは、その年に「富士通レッドウェーブ」に入団しました。

入団から3シーズンはかなり苦悩の日々が続いたそうです。

「周りはもうみんなすごい選手ばかりで、言われたことをできることが当たり前のレベルなんです。だから、できないのは自分だけで、本当にWリーグはレベルが違ったんだなってずっと思いながら、プレーしていました。どんどんどんどん自信もなくなってくるし、今まで得意だったシュートも入らなくなるし……。すべてがマイナスに向いて、シュート1本外すだけでも気持ちが下がっていました。今思い返すと、どうしてそんなにマイナスに考えていたんだろうって思えるんですけど、これまでの3年間はそれくらい思い詰めていて……練習中の1本のシュートにさえ思い詰めていました」

引用:富士通レッドウェーブ公式note

しかし、中学時代にバスケットボールの楽しさを知り、高校3年間でバスケットボールの土台を築き、大学4年間で人間として成長を成し遂げた田中真美子さんは、努力を重ね大きな壁を乗り越えていきます。

2019年にはユニバーシアード日本代表に2大会連続で選出され、2021年には東京オリンピック2020の女子日本代表のサポートメンバーに選出されました。

田中真美子さんの努力が花開いた瞬間ですね!

また、川崎市を拠点とする富士通レッドウェーブで様々なイベントにも参加し、2022年には警察官や消防官の制服を着て地域貢献もしています。

長身の田中真美子さんは制服の着こなしも完璧ですね!!

そして2023年、26歳の時に現役を引退されました。

田中真美子さんはモデル活動もされていた?

180cmの長身でハーフ系美人の田中真美子さんですが、実業団の富士通レッドウェーブに所属していた時にお兄さんが手掛けているアパレルブランドにモデルとして登場しています。

また「Safari online」の“美女アスリートとデニム”という企画で取り上げられています。

カジュアルな私服姿はもうバスケットボール選手というより、モデルにしか見えないですね!!

現在は渡米している?

2023年に現役を引退された田中真美子さん。その後、現在は何をされているのでしょうか?

引退後にSNSアカウント削除

現在の田中真美子さんですが、ご自身のInstagramのアカウントが現役引退後に削除されており、その後、特に表に出る事がなく、近況については不明です。

渡米している噂は本当?

田中真美子さんが渡米しているという噂がSNSを中心にネットで囁かれています。

大谷翔平選手が所属するドジャースのスプリングキャンプの際に近くにいた長身の女性が、田中真美子さんに非常によく似ていると話題になっています。

似ている女性という事もあり得ますので、田中真美子さんが渡米しているという確証ではありません

大谷翔平選手と結婚した可能性は?

大谷翔平選手の奥さんが田中真美子さである可能性は十分あり得ますが、正式に発表されている訳ではありませんので、あくまでも可能性の範囲となります。

先日、大御所芸能人の方がポロッっと大谷翔平選手の奥さんが長身であると口を滑らせていましたね・・・。

また「Nunber」の取材で、大谷翔平選手が奥さんについて「2歳年下」とも話をされていました。

『Number』のインタビューで大谷選手はお相手の年齢を《年下です。2個下かな。僕が今年30歳で、彼女が……たぶん28歳です》と、コメント。《もし間違っていたらごめんなさい(笑)》ともつけ加えているため、多少の誤差はあるかもしれない。

引用:ピンズバNEWS

現時点で色々と出ている情報をまとめてみました。

  • Nunbeの取材で大谷翔平選手が奥さんは「2歳年下」とコメント。田中真美子さんは2歳年下になる。
  • 大谷翔平選手の理想の女性は「背が高い人」。田中真美子さんの身長は180cm。
  • 大谷翔平選手もご両親も理想の結婚相手にスポーツ選手と答えいていた。田中真美子さんは元バスケ選手。
  • 大谷翔平選手のドジャース入団発表日と田中真美子さんの誕生が同じ12月11日。

大谷翔平選手の奥さんではないかと噂される理由が分かりますね。

今後、正式発表がされる事がありましたら、「確定!」という事で記事を更新したいと思います。

【関連記事】
大谷翔平選手の結婚相手は元バスケットボール選手?「一般人」の定義とは?

まとめ

以上が、田中真美子さんの経歴や学歴を中心に詳しく解説してきました。

あくあまでも噂の範囲を超える事がない大谷翔平選手の奥さん説ですが、今後、田中真美子さんが大谷翔平選手の奥さんであると公開される日があるのでしょうか?

今後のお二人の活躍と新たな情報が公開されるのが楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!