大谷翔平選手の年収は53億円の見込み!1014億円の契約内容とスポンサー収入を徹底分析!

大谷翔平 年収

大谷翔平選手が10年で年俸総額ヤク1014億円の契約でロサンゼルス・ドジャースへの移籍が決定しました。

しかし、契約内容は97%が後払いとなっており、大谷翔平選手がドジャース在籍10年間で得る年俸は約2億9千万円と言われています。

2.9億円でも一般人からしたらかなりの金額ではありますが、さすがに世界中から注目を集める大谷翔平選手がこの金額で生活できるのかと心配になりますよね。

大谷翔平選手には野球の年俸以外に、たくさんのスポンサーとの契約により毎年野球以外でも多くの収入口があります。

今回の記事では、大谷翔平選手の10年総額1014億円の契約内容とスポンサー収入について詳しく解説していきたいと思います。

年俸とスポンサー収入で大谷翔平選手の年収は約53億円

大谷翔平選手がロサンゼルス・ドジャースと10年総額7億ドル(約1014億円)の契約を結んだニュースにも世界中が驚きましたが、さらに前例のないその契約の約97%が後払いで、大谷翔平選手が在籍中に手にする毎年の契約金は200万ドル(約2億9千万円)となっています。

ただし、大谷翔平選手には年間約50億円ものスポンサー収入がありますので、実際に年収としては年俸とスポンサー収入で合わせて約53億円となります。

年間50億円のスポンサー収入はドルに換算すると約3500万ドルとなりますが、MLBでも元エンゼルスの同僚であるマイク・トラウト選手でさえも年間スポンサー収入が推定400万ドルでしたし、ヤンキースに在籍しているアレックス・ロドリゲス選手でもキャリア全体での収入が3500万ドル言われています。

ロドリゲス選手のキャリア全体でのスポンサー収入をたった1年で追い抜いてしまう大谷翔平選手、もう想像の域を絶していますね。

現在、大谷翔平選手は14社の企業とスポンサー契約を結んでいますが、そのほとんどが日本企業です。(最近dipと新たに契約を結び14社企業となりました。)

これだけ注目度の高い大谷選手ですから、今後アメリカの多くの企業が放っておくはずがありませんし、日本企業も同様です。

大谷翔平選手のスポンサー収入年間50億円は現時点での推定総額であり、この金額は“最低50億円”で、これからさらに増える可能性の方が高いのではないでしょうか?

【関連記事】
大谷翔平の来シーズン年俸予想は約64億円!総収入は約125億円の見込み!

10年総額約1014億円の契約内容は?

大谷翔平選手がロサンゼルス・ドジャースと契約した10年総額1014億円について、色々とその中身が明らかになってきました。

その契約内容について詳しく見ていきたいと思います。

年収1014億円について

大谷翔平選手がドジャースと契約した10年総額7億ドル(約1014億円)は、スポーツ史上最高額となりました。

日本人選手の大型契約では、過去最高は田中将大選手が楽天からポスティングシステムでMLBに移籍した時にヤンキースと結んだ7年1億5500万ドル(当時のレートで約163億円)でしたから、どれだけすごい金額かという事が分かると思います。

日本人メジャー 年俸画像引用元:YAHOO!ニュース(日本人大リーガー・過去の大型契約)

後払い契約

今回、10年で1014億円という想像もつかない金額での契約も驚かされましたが、その契約金の97%が後払いという契約内容に対して世界中で驚きの声が上がりました。

スポーツ史上最高額の総額7億ドル(総額1014億円)のうち、契約期間に受け取る金額は年間200万ドル(約3億円)のみ。

残りの6億8千万ドル(約994億円)は10年後の後払い契約で、ドジャースとの契約が終了となる2034年から2043年までに無利子で支払うといった内容。

この契約内容のメリットは、ドジャースは大谷翔平選手が在籍している10年間、大谷選手に支払う年棒に苦しむことなく、その余った金額をその他の補強選手の資金として使う事ができます。

大谷翔平選手の「勝ちたい!」という気持ちが、目先のお金ではなく、いかにポストシーズン、そして世界一を狙えるチームであるかの方が重要である事が分かりますね!

約994億円が後払いでの受取でも可能なのは、大谷翔平選手が契約金以外にスポンサー費用として年間約50億円の収入があるから、たとえ年俸が3億円程度でも問題ないのでしょう。

【関連記事】
大谷翔平の10年総額1014億円はどれだけすごい?色々な角度から分かりやすく分析!
大谷翔平選手の手取りは総額約417億円!契約金1014億円にかかる税金や諸経費の内訳は?

1%未満を寄付

大谷翔平選手の10年総額7億ドル(約1014億円)の大型契約の中には球団の慈善団体に1%を超えない金額を寄付する事が盛り込まれています。

仮に平均年俸が7000万ドル(約100億円)と想定すると、1%で毎年70万ドル(約1億円)を寄付することになります。

10年間で約10億円という巨額の寄付となります、

来年は「ロベルト・クレメンテ賞」の受賞もあるかもしれませんね?

【関連記事】
大谷翔平選手、「ロベルト・クレメンテ賞」受賞なるか?約10億円を慈善団体へ寄付!

水原氏を通訳に

大谷翔平 水原一平画像引用元:YAHOO!ニュース

必須の契約条件ともいえると思いますが、エンゼルス時代から苦楽を共にしてきた水原一平さんも通訳としてドジャース入りする事が条件となりました。

大谷翔平選手のドジャース移籍決定のニュースが流れた際には、水原一平さんの去就にも大きく注目が集まり、SNSではトレンド入りするぐらいに騒がれていましたね。

大谷翔平選手には水原一平さんは絶対に欠かすことのできない相棒でしょうし、ドジャースでも引き続き二人揃ってみられる事はファンにとっても非常に重要な事だと思います。

オプトアウトについて

大谷翔平選手とドジャースとの契約の中に、選手の意思で残りの契約を破棄できるオプトアウトの権利が盛り込まれています。

通常、オプトアウトの権利は大型契約の付帯条件として含まれるケースが多く、選手が契約の内容を見直すためにつけられる事が多いようですが、今回の大谷翔平選手の目的は別にありました。

その内容とは、マーク・ウォルター氏が球団オーナーでなくなるか、アンドリュー・フリードマン(編成本部長)が球団を去ることになれば契約を破棄できるという事だそうです。

「ドジャースの人事に特定の変更があった場合、選手は変更があったシーズンの終わりに契約を解除できる」と説明。ただし、「特定の変更」についてはAP通信によるとウォルターオーナー、フリードマン編成本部長の2人と伝えた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9af6506133d48dd95d2a805d0460c774fa880604

現時点で大谷翔平選手とドジャースの考え方は一致していますが、球団トップやチームを編成する本部長が変わる事でチームの方針が球団の方向性が変わる事のリスクを考えての事でしょうね。

大谷翔平選手の賢さには本当に驚かされます。

まとめ

以上が、大谷翔平選手の総額10年7億ドル(約1014億円)の契約内容の中身とスポンサー収入を含む年収について詳しく解説してきました。

スポンサー契約もdipと新たに契約を結び14社となりましたが、まずこれだけ世界中が注目する期待の選手であり、爽やかで好印象しかない大谷翔平選手をスポンサーとして起用したい企業はまだまだ出てくると思います。

野球での記録、契約内容だけではなく、今後はそのスポンサー契約数やスポンサー収入でも新たな記録をどんどん更新していきそうですね!

いった大谷翔平選手は生涯でいくらのお金を稼ぐのでしょうか!!