毎月17日は「大谷応援デー」!大谷翔平選手の地元奥州市はドジャーブルーで応援!

大谷デー

大谷翔平選手の地元奥州市では、大谷選手の背番号にちなんで毎月17日を「大谷デー」とし、おそろいのTシャツなどで勤務し応援しています。

郷土のヒーローでもある大谷翔平選手がロサンゼルス・ドジャースに移籍したことに伴い、シンボルカラーを青にする事が決まったそうですが、色々な問題が発生しているようです。

この記事では毎月17日の「大谷デー」について調べてみましたので、紹介したいと思います。

毎月17日の「大谷デー」とは?

「大谷デー」とは大谷翔平選手の背番号「17」番にちなんで、2018年より地元奥州市民が大谷選手の成功を称える応援する日として設けられました。

17日の大谷デーでは市長や市議会議員、職員がユニフォームや大リーグ公式のTシャツを着用して仕事にあたっているようです。

その他にも地元の銀行や信用金庫、電力会社でも同様の取り組みを行い、地元が一体となって大谷翔平選手の応援をしています。

またその他にも色々なキャンペーンやイベントも開催されるようですね!

シンボルカラーを「赤」から「青」に!

市や商工会議所など10団体を中心に構成されている「大谷翔平選手ふるさと応援団」では、大谷翔平選手がドジャーズに移籍したことを受け、12月の総会で団体のシンボルカラーを「赤」から「青」に変更する事に決定したそうです。

シンボルカラーの変更に伴い、2024年1月の大谷デーでは青一色で応援する予定が、大谷翔平選手のドジャースのユニフォームが売切れ状態により入手困難だったために、エンゼルスから―の「赤」のままでの大谷デーになりました。

ふるさと応援団では引き続きドジャースのTシャツ購入を呼び掛けているようです。

2月の「大谷デー」には青いTシャツで応援できるといいですね!地元の応援団からしても大谷翔平選手のグッズの人気が高く入手困難なのは、うれしい悲鳴でしょうね?

ちなみに2月17日は土曜日のため、翌営業日の19日が「大谷デー」としておそろいのTシャツで勤務予定だそうです。

奥州市のタクシー会社ではドジャースのユニフォームを購入できたようですね。

奥州いさわタクシーでは市内で「大谷デー」とされている毎月17日にあわせて、2023年はエンゼルスの赤いユニホーム姿で営業し大谷選手にエールを送ってきました。

2023年12月、大谷選手のドジャース移籍が決まったことを受けて、この会社ではユニホームと帽子20セットを新たに購入しました。

1月の大谷デーからは青いユニホームに衣替えして営業しています。

引用:FNNprimeオンライン

大谷翔平「ふるさと応援団」ロゴマークも刷新!

「大谷翔平選手ふるさと応援団」では大谷翔平選手のロサンゼルス・ドジャース移籍を踏まえ、ロゴマークのウェブ投票を2月7日まで行っていました。

大谷翔平 ロゴ画像引用元:奥州市公式ホームページ

  • A案(左):ふるさとの親近感をイメージした市章と同じ配色のロゴ
  • B案(中央):輝かしい功績と堅実でスタイリッシュなイメージロゴ
  • C案(右):バットとボールを市章と組み合わせて二刀流を表現したロゴ

投票の結果はシーズン開幕前の3月上旬までに公表され、決定したロゴはポスターや応援グッズに活用されるそうです。

まとめ

以上が、毎月17日の「大谷デー」について解説してきました。

野球ファンだけでなく世界中から注目を集める“世界の大谷翔平”の地元奥州市民の皆さんは今シーズンが始まるのが本当に楽しみでしょうね!

大谷翔平選手のロサンゼルス・ドジャースが今年世界一になった時は、地元ではどんなイベントが開催されるんでしょう!!

地元奥州市でもヒリヒリした9月を過ごすことになりそうですね!