大谷翔平選手の2024年シーズンは記録達成ラッシュか?過去の成績も一挙公開!

大谷翔平 記録達成 2024

大谷翔平選手の2024年シーズンがもうすぐ始まろうとしています。

ロサンゼルス・ドジャースのユニフォームを着て迎える2024年のシーズンは打者に専念する事が決まっています。

松井秀喜選手の日本人最多本塁打記録の更新やMLB200号など、大谷翔平選手にって今シーズンは記録達成ラッシュの年となりそうです。

この記事では大谷翔平選手が2024年に達成見込みの記録や過去の成績について詳しく解説していきたいと思います。

大谷翔平選手が今シーズン達成可能な記録は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Los Angeles Dodgers(@dodgers)がシェアした投稿

大谷翔平選手は今年は打者に専念するシーズンになりますが、打者としての日米通算、MLB通算で色々な記録が期待される年となりそうです。

まずは、大谷翔平選手の打者としての通算記録を見てみたいと思います。

所属 安打 本塁打 打点 盗塁
NPB 296本 48本 166点 13盗塁
MLB 681本 171本 437点 86盗塁
合計 977本 219本 603点 99盗塁

今シーズン、大谷翔平選手が達成の期待が掛かる記録は次の通りです。

  • 日米通算1,000安打:残り23安打(通算977安打)
  • 日米通算250本塁打:残り31本(通算219本)
  • 日米通算100盗塁:残り1盗塁(通算99盗塁)
  • MLB通算200本塁打:残り29本(通算171本)
  • MLB通算500打点:残り63打点(通算437打点)
  • MLB通算100盗塁:残り14盗塁(通算86盗塁)

またMLBで日本人最多の本塁打数は松井秀喜さんの175本となっていますが、大谷翔平選手があと4本ホームランを打つと、あの「ゴジラ」に並びます

間違いなく松井秀喜さんの記録も今シーズン中には抜き、更に記録を更新していくでしょうね。

MLBで7年目をロサンゼルス・ドジャーズの選手として迎える大谷翔平選手には、今シーズン多くの記録更新に期待が集まっています。

大谷翔平選手の過去の成績

今シーズン、多くの記録更新に期待の高まる大谷翔平選手ですが、2023年シーズンまでの成績をそれぞれ見ていきたいと思います。

MLB(エンゼルス)での通算成績

 

この投稿をInstagramで見る

 

MLB ⚾(@mlb)がシェアした投稿

投手

試合数 回数 勝敗 奪三振数 防御率
2018年 10試合 51.2回 4勝2敗 63奪三振 3.31
2020年 2試合 1.2回 0勝2敗 3奪三振 37.80
2021年 23試合 130.1回 9勝2敗 156奪三振 3.18
2022年 28試合 166.0回 15勝9敗 219奪三振 2.33
2023年 23試合 132.0回 10勝5敗 167奪三振 3.14
通算 86試合 481.2回 38勝19敗 608奪三振 3.01

 

打者

試合数 打席数 安打数 本塁打数 打点 打率
2018年 104試合 323打席 104本 22本 61点 2割8分5厘
2019年 106試合 384打席 110本 18本 62点 2割8分6厘
2020年 44試合 153打席 29本 7本 24点 1割8分9厘
2021年 158試合 537打席 138本 46本 100点 2割5分7厘
2022年 157試合 586打席 160本 34本 95点 2割7分3厘
2023年 135試合 497打席 151本 44本 95点 3割0分4厘
通算 704試合 2,483打席 681本 171本 437点 2割7分4厘
  • 2018年:ア・リーグ新人王
  • 2021年:ア・リーグMVP
  • 2023年:ア・リーグ本塁打王、ア・リーグMVP

NPB(日本ハム)での通算成績

大谷翔平画像引用元:日刊スポーツ

投手

試合数 回数 勝敗 奪三振数 防御率
2013年 13試合 61.2回 3勝0敗 46奪三振 4.23
2014年 24試合 155.1回 11勝4敗 179奪三振 2.61
2015年 22試合 160.2回 15勝5敗 199奪三振 2.24
2016年 21試合 140.0回 10勝4敗 174奪三振 1.86
2017年 5試合 25.1回 3勝2敗 29奪三振 3.20
通算 85試合 543.0回 42勝15敗 624奪三振 2.52

 

打者

試合数 打席数 安打数 本塁打数 打点 打率
2013年 77試合 189打席 45本 3本 20点 2割3分8厘
2014年 87試合 212打席 58本 10本 31点 2割7分4厘
2015年 70試合 109打席 22本 5本 17点 2割0分2厘
2016年 104試合 323打席 104本 22本 67点 3割2分2厘
2017年 65試合 202打席 67本 8本 31点 3割3分2厘
通算 403試合 1,035打席 296本 48本 166点 2割8分6厘
  • 2015年:最多勝、最優秀防御率、最高勝率、ベストナイン
  • 2016年:MVP

プロ通算成績

投手

所属 試合数 回数 勝敗 奪三振数 防御率
MLB 86試合 481.2回 38勝19敗 608奪三振 3.01
NPB 85試合 543.0回 42勝15敗 624奪三振 2.52
通算 171試合 1,024.2回 80勝34敗 1,232奪三振 3.01

 

打者

試合数 打席数 安打数 本塁打数 打点 打率
MLB 704試合 2,483打席 681本 171本 437点 2割7分4厘
NPB 403試合 1,035打席 296本 48本 166点 2割8分6厘
通算 1,107試合 3,518打席 977本 219本 603点 2割7分7厘

WBCでの成績

投手:3試合(9.2回)、2勝1セーブ、11奪三振、防御率1.86

打者:7試合、23打数10安打、1本塁打、8打点、打率4割3分5厘

大谷翔平選手の高校時代(花巻東高校・甲子園)の成績

大谷翔平画像引用元:デイリー新潮

2011年夏

  • 投手:登板回数5.2回、被安打6本、3奪三振、5四球数、3失点(自責点1)
  • 打者:3打数1安打、2打点

 

2012年春

  • 投手:登板回数8.2回、被安打7本、11奪三振、11死球数、9失点(自責点5)
  • 打者:3打数1安打1打点、1本塁打

まとめ

以上が、大谷翔平選手が2024年のシーズンで達成の可能性がある記録と、過去の成績について詳しく解説してきました。

大谷翔平選手のメジャー7年目のシーズンはチームが変わり、今まで以上に注目度も高くなっています。

数々の記録を更新し、記憶に残る名選手としてMLB第二幕がいよいよ始まろうとしています。

今シーズンが始まるのが待ち遠しいですね!