石原与一さんの経歴は?山本由伸選手の先輩で幼馴染がアメリカ生活をサポート!

石原与一 経歴

ロサンゼルス・ドジャースのキャンプにある日突然、背番号“41”番を付けた日本人が登場し話題となりました。

この“41”番の正体はドジャースの選手ではなく、山本由伸選手のアメリカでの生活をサポートしている石原与一さんです。

石原与一さんは山本由伸選手の幼馴染でもあり、都城高校時代の先輩でもあります。

この記事では、「チーム山本由伸」のスタッフでもある石原与一さんについて詳しく解説していきたいと思います。

石原与一さんってどんな人?

“YOICHI 41”のユニフォームを着てロサンゼルス・ドジャースのスプリングトレーニングに現れた石原与一さん。

チーム山本由伸のスタッフとして注目を集めていますが、石原与一さんがどんな方なのか見ていきたいと思います。

プロフィール

石原与一画像引用元:日刊スポーツ

  • 名前:石原与一(いしはら よいち)
  • 生年月日:1997年生
  • 年齢:26歳(2024年現在)
  • 出身地:岡山県備前市
  • 身長:172cm
  • 出身高校:都城高等学校
  • 出身大学:大東文化大学
  • X(旧Twitter):@3rOPT9ocoBwtuhT

年齢は山本由伸選手の一つ上の先輩で、幼馴染のようです。

石原与一さんが小学生の時に山本由伸選手と知り合い、それ以来、お互いの家族ぐるみでのお付き合いになったいるそうです。

岡山県出身の石原与一さんですが、高校は宮崎県の名門都城高等学校に進み、大学は大東文化大学、卒業後は社会人公式野球チーム宮崎梅田学園で野球をしていたそうです。

2024年のシーズンからはロサンゼルス・ドジャースに入団した山本由伸選手のアメリカでの生活を陰で支えるスタッフメンバーとして帯同しています。

野球歴は小学生の頃からと非常に長いこともあり、ドジャースのスプリングトレーニングに加わってもキレのある動きで周囲を驚かせていますね。

ちなみに高校時代の石原与一は50mを“5秒8”という俊足の持ち主だったそうです。

高校時代に50m“5秒8”を誇った俊足に野手陣は大盛り上がり、大谷の顔からも笑顔がこぼれた。石原さんは外野ノックや内野の守備の練習にも参加している。

引用:TBS NEWS DIG

ドジャースの編成本部長も「これはトライアウトだ!」と冗談を言っていますね!!

また、石原与一さんのアカウントと思われるYouTubeには大学時代や社会人の梅田学園でのバッティングの動画が残っていました。

YouTube:@user-ew5ps7xh4j

兄:太一さんは都城高校野球部監督

石原太一画像引用元:Number Web

石原与一さんの兄、石原太一さんは都城高等学校の野球部監督を務めていました。

山本由伸投手も石原与一さんも岡山県備前市出身ですが、先輩の石原さんが都城高校へ進学すると、翌年山本選手も都城高校へ進学。

そこで当時野球部のコーチをしていたのが広島経済大学の学生だった石原太一さんでした。

石原与一さんが卒業し山本由伸選手が3年になるタイミングで石原太一さんは22歳という若さで監督に就任しました。

現在は都城高等学校の監督は退任し、会社員の傍ら野球教室で野球を指導しているそうです。

2016年7月19日。高校野球では定番であるその姿をベンチから静かに見守っていたのは、当時22歳の若さで都城を率いていた監督の石原太一だった。

山本と石原は奇妙な縁で繋がれている。ともに岡山・備前市出身。山本は少年野球時代に石原の弟で1年先輩の石原与一と共に野球に打ち込んできた。与一を追って都城への進学を決めると、そこに当時、広島経済大学の学生だった太一がコーチとしていた。そして山本が3年生になると同時に石原は監督に就任した。

引用:Number Web

石原与一さんの経歴

石原与一さんの野球歴を基に経歴をまとめてみました。

中学時代

石原与一さんは岡山県内の中学校に通いながら、「東岡山ボーイズ」に2010年~2012年の3年間所属し、プレーしていたようです。

ポジションは内野手だったそうです。

高校時代

石原与一画像引用元:mrt

高校は宮崎県都城市にある野球の名門校:都城高等学校に進学しました。

高校でのポジションは内野手で、主に二塁手・遊撃手として活躍していましたが、高校2年生の秋に利き腕である右腕に力が入らなくなる病気にかかります。

診断結果は「胸郭出口症候群」という筋肉がこわばり血管や神経が圧迫される病気で、握力も「40」から「8」まで低下したそうです。

高校3年生の時にはチームの主将を任せられていたこともあり、手術をすれば回復まで野球ができなくなることもありハンデを抱えながらプレーしたそうです。

石原与一さんが高校2年生の時に山本由伸選手が入部しており、以来卒業するまでの2年間は同じ寮で生活していたそうです。

残念ながら石原与一さんが3年生の夏に甲子園出場を果たすことはできませんでしたが、同郷で同じ夢を追いかけた事もあり二人の絆は非常に強いものだと思います。

大学時代

石原与一画像引用元:4years.

高校を卒業した石原与一さんは東京の大東文化大学に進学しています。

山本由伸選手は翌年高校を卒業した後、オリックス・バッファローズに入団していますので、お互いに進む道は高校卒業後に分かれましたが、「野球」を続けることで2人の関係は変わるものではなかったのではないかと思います。

大学4年生の時にはチームの主将に就任、首都大学野球連盟2部に長年低迷したチームの立て直しに成功します。

1部昇格がかかった桜美林大学との入替戦では、タイムリーツーベースを放つなど、チームの勝利に大きく貢献し見事1部昇格を果たしました

また春季リーグの最優秀選手にも選出されるほどの好選手だったようです。

梅田学園時代

石原与一画像引用元:mrt

石原与一さんは、大学卒業後、宮崎県宮崎市の宮崎梅田学園に入社します。

宮崎県梅田学園は梅田学園グループが運営している自動車教習所の職員として社業である教習をしながら社会人野球チームに所属しました。

社会人野球チームの宮崎梅田学園での石原与一さんの成績は不明ですが、2021年まで在籍していたようです。

石原与一さんの仕事の内容は?

石原与一さんの仕事ですが、主に山本由伸選手のアメリカでの生活のサポートがメインとなります。

運転手

自動車教習所の宮崎梅田学園に勤務していた石原与一さんは、「運転教習指導員」の審査を合格していますので、運転手としてはうってつけですね。

安全運転で山本由伸選手をサポートしています。

私生活のサポート

私生活のサポートについては専属通訳である園田芳大さんもある程度サポートはされていると思いますが、幼馴染で気の許せる石原与一さんの存在は山本由伸選手にとっても大きいでしょうね。

高校生の時には同じ寮で生活していただけに、気を遣わず私生活のサポートを任せられるのではないかと思います。

練習のサポート

ドジャースの編成本部長も「これはトライアウトだ!」と冗談を言われるぐらいに、野球選手としても十分な実力を持つ石原与一さん。

山本由伸選手の練習相手としては十分の実力者としてサポートできるでしょう。

石原与一さんの年収は?

山本由伸選手と石原与一さんとの間にどのような契約がされていて、給料をどれぐらい貰っているかといった情報はありませんでした

また情報がありましたら随時追記していきたいと思います。

まとめ

以上が、山本由伸選手の私生活をサポートする新スタッフ石原与一さんについて詳しく解説してきました。最後に簡単にまとめてみたいと思います。

  • 石原与一さんは山本由伸選手の都城高校野球部の1年先輩で幼馴染
  • 石原与一さんは中学、高校、大学、社会人野球での野球経験がある
  • 石原与一さんの主な仕事は運転手、私生活のサポート、練習のサポート
  • 石原与一さんの年収は公開されておらず不明である

大谷翔平選手がアメリカでの生活をスタートさせた時に献身的にサポートする水原一平さんに注目が集まりましたが、山本由伸選手はサポートメンバーが多く安心ですね。

MLB1年目という事もあり、信頼のおける先輩であり幼馴染がいる事は山本由伸選手にとって本当に心強いでしょう!